あなたに贈る名言
素敵な名言・格言
search
かっこいい一言。心に響く名言
最終更新:

かっこいい一言。心に響く名言

積み重なる歴史の中、生まれてくる名言。

その言葉の奥底には言葉を発した人物の思いがこめられていたり、生き方そのものを表していることも多いですよね。

先人の知恵のようなたくさんのヒントが詰まった言葉に人生を救われることもあると思います。

自分には見えない角度や、経験から生まれた基調な言葉。

そんなステキな言葉の中でも「シンプル」だったり「ひとこと」な名言に着目してピックアップしました!

人物像やその言葉の由来を知ると、きっとより愛着もわいてくると思います!

日々生きる力になりますように!

もくじ

かっこいい一言。心に響く名言

後悔などあろうはずがありませんイチロー(野球人)

深夜の引退会見にて、インタビュアーの「後悔ややり残したことなどはありませんか?」の問いかけに対して放たれた名言です。

イチローさんの素晴らしい記録の数々をここに挙げるときりはありませんが、その中でもメジャーに渡ったその年に新人王とMVPを同時に受賞したことはメジャー史にも残る大記録。

名言はその他「一番苦しいと思うのはできるのにできないということ」や「最高の打者と言われても10回に7回は失敗しているんですよ」など前向きなものしかありません。

イチローんのこのポジティブさはお手本にしたいですね。

瀧乃涙pin句

考えるな、感じろブルース・リー(武術家/香港)

ブルース・リーさんの代表作『燃えよドラゴン』に出てくるセリフです。

青年に戦いの極意を伝えようとする場面、両の手を後ろに組むブルース・リーの姿が印象的です。

このセリフには「それは月に向かって指を差すようなもの、指を見ていては栄光はつかめない」との続きがあって、少し哲学的でも禅問答的でもあります。

ちなみにブルース・リーさんは大学では哲学を学んでいました。

あれこれと人生に迷ったときに思い出したい名言ですね。

瀧乃涙pin句

自分が許せない自分には絶対ならない蜷川実花(写真家・映画監督)

「偉大な父や母を持つと大変だ」と長嶋一茂さんがあるテレビ番組で発言していました。

どんなに努力しても「七光り」だと心無いからかいがあるのは容易に推測できます。

そんな白けた戯言を振り払うかのよう蜷川実花さんの大活躍は胸のすく気持ちよさ。

ちなみに父はあの偉大な演劇家蜷川幸雄さん、母はキルト作家の真山知子さんです。

『さくらん』『人間失格太宰治と3人の女たち』の映画監督としての活躍、中川翔子さんとコラボした2冊の写真集もステキでした。

その瞬間ごとにエネルギーを爆発させながら活動しているかの蜷川さんならでの名言。

グッと心に刺さります!

瀧乃涙pin句

悔しさは、それに耐えられる人間にしか与えられない松井秀喜(野球人)

甲子園の5打席連続敬遠は野球に関心のない人までをも巻き込み大論争となりました。

「ルール違反ではない」「いや倫理の問題だと」連日新聞をにぎわせましたね。

その後プロになってからの松井秀喜さんの活躍は書くまでもなく、現役の役半分をメジャーでプレイしたのですから、もともと高校野球のはんちゅうに収まる小さな器ではなかったのです。

ワールドシリーズMVP、国民栄誉賞など数々の賞を受賞したその陰にある松井さんの努力は想像するに難しくはありません。

プロ中のプロからはあまりネガティブな言葉は聞かれない、だからこそ到達できたレベルだったのかも。

常に手元に置いておきたい名言です。

瀧乃涙pin句

夢を見るから、人生は輝くヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト(音楽家/オーストリア)

ミロス・フォアマンさんの最高傑作『アマデウス』は第57回アカデミー賞作品賞他を受賞しました。

モーツァルトの一生を題材としたこの物語、豪華なセット、当時を完全再現したカツラや衣装などもアカデミー各部門を受賞しました。

映画はモーツァルトのライバル音楽家であるアントニオ・サリエリの視点で進行され、モーツァルトの才能、彼の人生の浮き沈みが美しいレリーフのように描かれています。

おそらくこの名言は人生の絶頂期にあった時代のもの。

少し心に疲れた見えた人にオススメの名言です。

瀧乃涙pin句

自分から逃げれば逃げるほど、生きがいも遠ざかる淡谷のり子(歌手)

晩年はモノマネ番組などの審査員として活躍しました。

コロッケさんや清水アキラさんに発するキツーイお言葉がお茶の間をにぎわしたのも昨日のようです。

淡谷のり子さんは青森県出身の日本のシャンソン歌手の先駆者的存在とされ、戦時中は精力的に慰問活動にも参加しました。

「モンペなんはいて歌ってもだれも喜ばない」とドレスを着て歌い、兵士たちの心を慰めたとか。

何ものからも逃げなかった淡谷さんの人と強さが垣間見られるエピソードです。

昭和初期に生を受け、歌手であることに全人生を捧げた淡谷さんの一生はそう平たんではなかったはず。

いつの時代も「逃げてはだめ」は人を奮わす言葉なのですね。

瀧乃涙pin句

続きを読む
続きを読む